視力が良くなる方法・アイデア館

視力が良くなる近視トレーニングの方法や、急激な視力低下を防ぐ秘訣などを解説!

サイトトップ > 簡単な視力回復の方法とは?〜遠くを見る

簡単な視力回復の方法とは?〜遠くを見る

簡単な視力回復の方法といえば、遠くを見ることです。
パソコン作業で目を酷使したら、1時間に1回は手を休めて遠くの景色を眺めましょう。

遠くをみることは、もっとも簡単な視力回復の方法であることは、だれもが認めるでしょう。しかし、遠くを見たからといって、即効性がないことがデメリットです。

また近視の人は、裸眼では遠くがぼやけて見えないので、遠くを見るときは、メガネかコンタクトレンズを使用しましょう。

自宅やオフィスの窓から外を見ると、遠くの景色を見ることができます。こういった環境にない人は、家の壁にかかっているカレンダーの文字に目を向けるのでもいいでしょう。

東京視力回復センターでは、壁にかかった視力検査表のランドルト環を凝視します。これだけで水晶体を薄くする効果があるわけですから、べつに自宅でも簡単な視力回復トレーニングは、やる気さえあればできるのです。

さて自宅やオフィスから遠くの景色が見えない場合は、外出して、見晴らしのいい場所に行きましょう!

一口に遠くを見るといいますが、見方にもいくつかの種類があります。まずボーッと眺める見方。これは目が疲れているときに、目の筋肉をリラックスさせる効果があります。

そのほか遠くの一点を良く見ようとして、凝視する方法。これは前述した東京視力回復センターの視力訓練法に通ずるものがあります。遠方凝視法といいます。

あるいは、景色を広い視野で見る方法があります。
近くを見ていると、手もとの狭い範囲しか見ないことが多いので、視野が狭くなりがちです。そこで遠くを見るときは、視野を広くとるように心がけるのです。網膜全体に景色を映すように心がけるのです。このときのポイントは、目を静止して広い視野を取ろうとするのではなく、目を徐々に横に移動させながら、山並みなどを広く眺めることです。

遠くを見る、簡単な視力回復の方法としては、そのほかに視点移動法があります。遠くの一点から別の一点へと、視点を移すのです。たとえば星を見るとき、この手法が使えます。星をじっと凝視していてもいいですが、視点移動すると、外眼筋の運動にもなります。

慣れてくると、これらをミックスしたような見方ができるでしょう。たとえばアフリカで生活している人は、ときには遠くをぼんやり眺め、ときには遠くの一点を凝視し、視点を移動していくでしょう。遠くの一点を凝視するだけでは、全体の状況がつかめないので、視野を広く取ったり、絞ったりを使い分けるのです。これはスポーツ選手にも役立つ目の使い方です。

このように遠くを見ることは、もっとも簡単な視力回復トレーニングです。そのほかには3Dの立体視ができるマジカルアイという視力回復の本を使ったり、ピンホールアイマスクを着用する方法もあります。

遠くと近くを交互に見る遠近体操法や、眼球を激しく動かす動体視力トレーニングも、自宅でも無料でできる、簡単な視力回復の方法といえます。

視力を良くする方法とは一覧