視力が良くなる方法・アイデア館

視力が良くなる近視トレーニングの方法や、急激な視力低下を防ぐ秘訣などを解説!

サイトトップ > 仮性近視の治療法とは?〜眼科のミドリンMやワック

仮性近視の治療法とは?〜眼科のミドリンMやワック

仮性近視の治療法における注意点は、ただひとつ、早期発見と早期対処です。

子供の仮性近視は、急激に視力低下していき、本物の真性近視になります。この段階で視力を治療しなければ、近視は回復しづらくなりますし、将来的には職業の選択やスポーツなどへの影響、経済的な負担が予測されます。

仮性近視の治療法は、じつは眼科で行なわれています。

ふつう目医者というと、視力が良くなることにかんしては否定的ですが、仮性近視の治療は行なうことができます。

それは仮性近視は、近視という名がついていますが、じつは近視ではなく、その一歩手前の症状だからです。普通の近視の視力が良くなることはないというのは、眼球が構造的変形を起こしているからです。いっぽう仮性近視は、たんなる毛様体筋のこり、緊張にすぎないのです。

毛様体筋とは遠近調節に関わっている目の筋肉です。毛様体筋が緊張・弛緩することによって、レンズの役割をしている水晶体を厚くしたり薄くしたりしています。

仮性近視は、この毛様体筋が一時的に緊張している調節緊張なので、このコリを解消してやれば、視力が良くなるのです。

そのために眼科ではミドリンMやサンドール、ミオピンなどの散瞳薬を処方します。これはもともと眼底検査をしやすくするために、瞳孔を開くための目薬です。これを点眼すると、まぶしくなり、近くがぼやけるので、寝る前にさします。眼科専門医のなかには、副作用があるとして、否定的な先生もいます。

この散瞳薬による点眼は、仮性近視の治療法としては、あまり期待しないほうがよいでしょう。この点眼をしても、仮性近視が改善されない子供もいます。あまり期待しないことです。

そのほか眼科の仮性近視治療には、ワックという機械を覗いて視力回復トレーニングをする方法があります。これは眼科医院に設置してあるので、通院する必要があります。かなり大きくてごっついマシンなので、超音波治療器ソニマックのように持ち運びはできません。貸し出しもしていません。

このワックという視力回復の機械も、もともとは、検査をより正確に行なうための準備のための機器です。仮性近視の治療法ではないのです。しかし現状としては、視力訓練に使用されたりしています。

視力回復器ワックは、機械の中を覗いていると、立体的な風景が見えます。それがぼやけたり、はっきりしたり、また遠くになったり近くになったりします。つまり雲霧法と望遠訓練をトレーニングすることができます。

しかし眼科のワックも、ミドリンMなどの散瞳薬と同様に、仮性近視に有効な場合と、そうでない場合があります。かならず視力が良くなるというわけではないのです。

それよりも私は、仮性近視の治療法としては、民間の視力回復トレーニングのほうがいいように思います。眼科は目の病気を治療する施設であり、近視を視力回復する所ではないからです。眼科医は、近視の視力を良くすることには、否定的であり乗り気ではないという現実を知る必要があります。

3Dのマジカルアイは立体視ができる視力回復の本です。美しいイラストが見れるのでストレス解消にもなります。穴があいたピンホールメガネは、毛様体筋を休めることができるので、仮性近視の治療として有効です。スーパービジョンなどの視力回復機も、仮性近視には有効でしょう。

超音波治療器ソニマックも、小学生の子供の仮性近視や老眼治療として効果があると思います。ただし乱視には、あまり効果が無いような気がします。眼球の変形だからです。また視力0.01レベルの強度の近視も同様です。眼球が伸びた軸性近視だから、回復は困難です。

目のツボ指圧は、仮性近視の治療法として、とても効果的です。こめかみのツボや眉毛のツボを押しましょう。一押し三秒です。鍼や灸でもいいでしょう。整体もいいかもしれません。カイロプラクティックとかですね。

そのほか視力回復センターや眼科の通電治療に通う方法もあります。眼科では目に電気を流すことによって、仮性近視の治療を行なっているクリニックもあります。全国では、ごくわずかです。しかし眼精疲労外来という名目で眼科の電気療法を実施しているところもあるので、一度問い合わせてみるといいかもしれません。

インターネット上には、市販の視力の本には書かれていない秘匿性のある情報が公開されています。こういった情報を学ぶのも、仮性近視の治療法としては有効ですし、おすすめです。

視力を良くする方法とは一覧