視力が良くなる方法・アイデア館

視力が良くなる近視トレーニングの方法や、急激な視力低下を防ぐ秘訣などを解説!

サイトトップ > こどもの視力回復法とは?〜目の血行改善や毛様体筋

こどもの視力回復法とは?〜目の血行改善や毛様体筋

こどもの視力回復は、達成しやすいといえます。

なぜなら、こどもの目はまだ柔軟で、成長過程にあるからです。子供の脳は柔らかく、環境の影響を受けやすいといわれていますが、脳の出先機関である眼球でも同じことがいえます。

こどもの目は環境の影響で、急激に視力低下していきます。学校の視力検査でB判定だからといっても、安心してはいけません。1年に1回の学校検眼では、こどもの視力低下はあっという間です。1年後にはC判定やDランクもありえます。こどもの視力低下の速さは大人の3倍以上なのです。

その反面、前述したように成長期にあるため、こどもの視力回復のスピードも驚異的です。そのため東京視力回復センターなどの施設で、結果が早くでるのは、幼稚園児や小学生の子供が多いわけですね。

こどもが視力回復しやすい、第二の理由は、近視歴が短いということです。せいぜい1〜2年でしょう。大人の近視・近眼とはわけが違うのです。そのため子供の場合は、せいぜい仮性近視か屈折性近視です。軸性近視ということは、まれでしょう。

こどもの視力回復のポイントは、できるだけ仮性近視の段階で早期発見し、適切な視力回復トレーニングを実践して対処することです。眼科医にたよっていてはいけません。

しかし前述したように学校の視力検診は、春に1年に1回です。こどもの視力低下は急激なので、新学期ごとに視力だけは測定すべきだと思いますが、どうでしょうか?たったこれだけのことで、小学生の近視は激減すると思います。しかし眼鏡店とつながっている眼科医は乗り気にはならないかもしれません。

こどもの視力回復トレーニングは、簡単です。
本屋には立体視ができるマジカルアイの視力回復本がおかれていますし、100均でもピンホールアイマスクを購入できます。こういったものは、面白いので、子供は飽きずに持続できます。スーパービジョンやメガトレなどの視力回復機は、たいくつなので、こどもは飽きるかもしれません。

自宅で無料でできる、こどもの視力回復法としては、目のツボを指圧して、目の血行を改善する方法が有効です。眉毛には三つのツボあるので、ここをテーブルにひじをついて、両手の親指で痛くない程度に3秒間押し上げるのです。これを何セットか行ないます。こめかみのツボを掌で軽くたたいて刺激を与えても良いでしょう。

目を強くぎゅっとつぶっても、こどもの視力回復に効果的です。そのほか視力回復センターや眼科の通電療法も、近視の視力回復に効果的です。ただし、通院をやめたとたん、急激に視力低下していったということは、よく耳にします。お金もかかります。

こどもはレーザー角膜屈折矯正手術であるレーシック治療は受けられません。18歳未満でないと、ダメなのです。レーシックの眼科によっては20未満になります。これは冒頭でのべたように、こどもの視力は不安定で、変動が激しいからです。これは妊婦にもいえます。

こどもの視力回復訓練としては、指と壁の文字を交互に見比べる遠近体操法がいいでしょう。これによって、こり固まっていた毛様体筋の緊張がほぐれ、仮性近視程度なら視力が良くなります。眼球を動かす眼筋トレーニングもいいでしょう。携帯用ゲーム機の四隅を対角線で速く結ぶのです。目を大きく動かして、眼筋ストレッチを行いましょう。

こどもの視力回復は、正しく行なえているのか不安になるときもあります。そういった場合は、自宅で視力回復の専門家・インストラクターの指導をメールで受けることもできます。

視力を良くする方法とは一覧