視力が良くなる方法・アイデア館

視力が良くなる近視トレーニングの方法や、急激な視力低下を防ぐ秘訣などを解説!

サイトトップ > 近眼レーザー治療とは?〜レーシック手術やラセック、PRK

近眼レーザー治療とは?〜レーシック手術やラセック、PRK

近眼レーザー治療が今、人気があるようです。

その代表選手は、なんといってもレーシック手術でしょう。しかし、PRK手術やラセックは、術後の角膜強度が高いために、スポーツ選手や格闘技の選手に根強い人気があります。

近眼レーザー治療の原理は、角膜にエキシマレーザーを照射することによって、角膜の屈折率を変え、そのことによって近視を治療する眼科医療です。

レーシック手術では厚いフラップを作るので、術後すぐに視力回復します。痛みもありません。そのため日帰りも可能で、週末に近眼レーザー治療を受けて、月曜から出勤という離れ業も可能です。

いっぽうラゼック手術は、アルコールを利用して、極薄のフラップを作成します。このことは深く角膜実質層を削らなければならない視力0.01レベルの強度の近視に対応できるというメリットがある反面、術後すぐに視力が良くなるというわけではないデメリットがあります。もどしたフラップはデコボコの状態なので、光学的に不安定なわけですね。また、そのような取ってつけたようなフラップですから、すき間から空気が進入して、目が沁みて、かなり痛みがあります。

PRK手術はもっとも初期の近眼レーザー治療法で、レーシックやラセックと違ってフラップは作成しません。フラップとは一部がつながったふたのような形状のものです。角膜の表面から、いきなりエキシマレーザーを角膜上皮層および実質層に照射して、分子を蒸散させるのです。そのため術後に角膜実質層がむき出しになります。

当然目が痛むので、治療用コンタクトレンズで保護します。ラセック手術と同様に、しばらく視力が出ないので、すぐ出勤というわけにはいきません。1週間ほどおいて片目ずつの手術となります。

近眼レーザー治療は、このようにエキシマレーザーを照射する眼科医療ですから、内眼手術のフェイキックIOLや初期のRK手術は含まれません。

近眼レーザー治療で見落としがちなのは、じつは視力の矯正だという点です。視力が良くなることだと勘違いしている人がいますが、眼球の形自体は、少しも改善されていません。ラグビーボールのように楕円状に長い軸性近視の状態にあるのです。

このことは何を意味するのかというと、眼病のリスクがあるということです。眼球が長いということは、眼球の最内層にある網膜が引き伸ばされ、そのために薄くなっています。そのため網膜に亀裂が入る網膜裂孔の危険があります。やぶれると網膜剥離になります。

そのほか網膜の中心部の疾患である黄斑変性症、正常な眼圧なのに視神経繊維が死滅する正常眼圧緑内障の危険性も持っています。これらすべて網膜が薄いためと考えられます。

近眼レーザー治療を受けても、これらの目の病気のリスクがあるということです。これはメガネやコンタクトレンズ装用者と変わりません。オルソケラトロジーも同様です。いやむしろ目が治ったと錯覚している時点で、目のメンテナンスの意識がなくなりますから、より危険であるといえます。

近眼レーザー治療に伴う眼病のリスクを回避するには、視力回復サプリメントを毎日摂取し、目の血行をよくすることが大前提です。目の栄養としては緑黄色野菜に含まれるルテイン、果物に含まれるビタミンC、ブルーベリーに含まれるアントシアニンが重要です。そのほかビタミンA、ビタミンB群を摂取しておけば安心でしょう。

目の血行をよくするには、強くまばたく、目の周辺にある視力のツボを押すなどがあります。コツは、目を酷使したら、そのあとすぐに目の血行をよくすることです。これによって、毛様体筋のこり・緊張を持ち越さず、すぐに取り、それ以上眼軸が伸びないようにするのです。

こうした目のメンテナンスを毎日実行していれば、近眼レーザー治療に伴う眼病のリスクを完全になくし、一生涯快適な目で生活していけるようになります。

視力を良くする方法とは一覧