視力が良くなる方法・アイデア館

視力が良くなる近視トレーニングの方法や、急激な視力低下を防ぐ秘訣などを解説!

サイトトップ > 目の疲れを取る方法とは?〜対策と解消法

目の疲れを取る方法とは?〜対策と解消法

目の疲れを取る方法は、誰にでも簡単にできるものです。
その対策法や解消法を解説してみたいと思います。これは深刻な目の疲れである眼精疲労の予防と解消法にもなります。

まずなぜ目が疲れるのかを、考えて見ましょう。
目が疲れると感じるのは、三つの原因が推測されます。まず目の表面が乾くことにより、疲れ目を実感。二つ目は網膜の視細胞の再合成が追いつかずに、目がチカチカして目が疲労する。三つ目は、目の筋肉に乳酸がたまってきて、コリを感じて目が疲れる。ざっと、こんな要因が考えられるのではないでしょうか?

ここまでわかれば、目の疲れを取る方法も見えてきます。

その前に、疲れ目の解消法と対策の大前提として、目を酷使しているときは、定期的に目の休憩を入れるということです。何時間も連続でパソコン作業やゲームをするのではなく、たとえば1時間に1回は休憩を入れて、目をやすめようと決めることです。それを習慣化するのです。どんなに熱中していても、ゲームが面白くても、強制的に中断するのです。

最初は困難を感じるかもしれません。
しかし30日間だけがんばって実践すれば、脳の可塑性によって、自然と脳の神経回路網ができて、楽にこなせるようになります。これはダイエットや受験勉強にも通ずる原理です。

目の乾きを解消するには、まばたきを意識して行なうことです。パソコンなどのVDT作業をしていると、モニターもスクロールしますし、文字も動くので、よく見ようとして凝視しがちです。これがまばたきの減少につながり、涙の蒸発をうながし、目が乾くのです。角膜も酸素不足になります。これがドライアイの遠因になります。ソフトコンタクトレンズを装用していると、目の疲れを感じやすいものです。

正常な目は3秒に1回はまばたきをするので、意識的にまばたきをして、パソコンの画面を見たり、ゲームをしましょう。たまにギュッと強いまばたきをすると、目の周辺の血行不良が一気に改善されて、目の疲れを取ることができます。5回連続で強くまばたき、最後は数秒間維持するのです。とても効果的なので、オススメです。

そのほか2〜3秒間、軽く目を閉じて、そのあと目をパチパチとしてみてください。目薬を点眼しなくても、目の乾きが和らぎ、視界も明るくなり、遠くがハッキリ見えることでしょう。これも目の疲れを取るために、効果的な対策法です。

網膜の視細胞は、あまりに連続で強い光を与えると、再合成が追いつかずに、目がちかちかすることになります。この対策は、前述のまばたきが有効ですし、しばらく目を閉じでパチパチすれば、目の疲れを取ることができます。

1時簡に1回、目を休め、手のひらで目の表面を圧迫しないように気をつけながら、おおってもよいでしょう。蒸しタオルを目に当てても気持ちのよいものです。このとき5〜10分程度居眠りをすれば、脳も休めることができ、仕事に再度挑戦するパワーがわいてきます。遠赤外線を発するものが内蔵されたアイマスクをしてもいいでしょう。

アントシアニンが含まれているブルーベリーやビルベリー、カシスなどの視力回復サプリメントを摂取すると、網膜の視細胞の再合成が促進されるため、目がチカチカしなくなります。

目の筋肉の疲れは、簡単に取ることができます。
たとえば遠くと近くを交互にみると、遠近調節を司っている毛様体筋の緊張・こりをほぐすことができます。

パソコンの四隅を視点移動すれば、眼球移動筋を鍛えることができ、外眼筋のコリがほぐれてきます。ちょっと雑用に動くだけでも、目の筋肉は自然と使いますので、目の疲れを取ることができます。

視力を良くする方法とは一覧